三国天武で『城』を攻略するためにやるべき3つのこと!

三国天武で『城』を攻略するためにやるべき3つのこと!
Pocket

三国天武で序盤のゲームに慣れてきた頃、城を攻略するための配置について考え出すと思います。

城の配置は何を重点的に対策するか、ということが大切です。

城の配置は施設のレベルやプレイスタイルによって大きく左右されるため、正解は無いと言われています。

しかし、三国天武では城の配置が攻略において重要であることに変わりはありません。

今回は

  1. おすすめの配置
  2. 場合よっては最強の配置
  3. 配置の基本形について注意点
  4. よくある城のパターン

についてお届けしていきます(^^)

しっかり記事を読み、城を攻略する方法をマスターしておくとよいでしょう。

>>>無課金で元宝を大量に増やす方法

>>三国天武で元宝を無料でゲットする方法<<

城に関する配置

三国天武で城を攻略

出典:ガチで面白いアプリを紹介するサイト【apps-apps】

まず、よく見る配置と壁のパターンをみていきましょう。

 

防御兵器などを中心部で細かく区切る3つのパターン

こういった区切り方は壁を多く必要とするうえ、中に入れるものを絞り込めない事も多くなります。

そのため、細かく区切る割には、穴を3箇所ぐらい開けられるとほぼ壊滅させられてしまいます。

それを防ぐため、下のような工夫をしましょう。

  1. 真ん中は広く取る
  2. 防衛施設は中心のみ
  3. 資源やその他の施設で囲うよう、周囲を区切る

一言で言うなら『防衛施設を囲う配置』です

そうすることにより、馬など防衛優先のユニットは外周を回る様な配置に出来ます。

それにより、敵が中に侵入してきても袋叩きにできます。

 

外堀の様に壁を厚く盛り大きく守る配置

これは2番目に多い配置ではないでしょうか。

この配置では、優先対象の無いユニットを沢山出された時に左右分裂したり、外を回る所を殲滅しようという考えを元にしています。

他にも、自爆木牛の威力不足と、使いにくさも理由として挙げられるでしょう。

⇒ 三国天武 攻略の兵種は?(兵舎レベル3・5・6摸金校尉・自爆木牛・遁甲兵)

この配置は突撃してくる格下には有効な配置と言えます。

また、市や畑から攻める時にも嬉しい配置かも知れません。

2~3箇所穴を開けられ、周りを丁寧に削りながら一番弱い所を突かれてしまった場合、突入後は自由にされてしまうので注意してください。

 

主城レベルと配置

主城レベルが3になると、かなりの建築物を立てることができます。

>>元宝タダでもろてるけど質問ある?

⇒ 三国天武 配置レベル3

主城レベル3で立てられる建築物を全て建てるとなると、障害物をよけながらの建築となります。

そのため、建築物はバラバラに配置されます。

その建築物を敵が攻めづらいくなるよう配置していく訳です。

建築物を綺麗に配置し直すためには周りの障害物を取り除いていかなければなりません。

面倒に思われる作業ですが、障害物を取り除くことによるメリットもあります。

 

それは、取り除いた障害の数に応じて経験値と元宝がもらえることです。

貰える元宝の量は少ないですが、ただでさえ貴重な元宝です。

例えわずかでも、貯めていくことに大きな価値があります。

ところが、障害を取り除くにも資源が必要です。

はじめたばかりの頃は、1万の金や兵糧は貴重に感じますが、ここは割り切って天下統一で稼いだ資源を障害の除去に充当することをお勧めします。

それだけ障害物の除去は重要なのです。

⇒ ⇒ 三国天武 天下統一を攻略!困難モードあり

また、造成工事においても障害物を考慮する必要があります。

障害物は毎日いくつか増えるので、見つけたら除去するようにしましょう。

障害物を取り除きつつ、城の配置を行う準備を整えていくとよいでしょう。

 

幕営の重要性

三国天武で城を攻略

出典:ゲーム『三国天武』の攻略情報をまとめていく【無課金でも強くなる!】

幕営は最初の頃こそ軽視され、配置の隅や壁の外に無造作に置かれがちなうえ、レベルアップも後回しにさることが多いです。

しかし、実は最強の防御施設と言われています。

軍団メンバーから貰えるのが弓だとすれば移動式の弓塔がユニット数ある様なものです。

もし、方士など強力なユニットが融通し合えるならばそれはもう最強の施設の条件を一つクリアしてます。

三国天武 攻略の兵種は?(兵舎レベル7・9・10方士・虎豹騎・勇士)

 

幕営の位置

重要な幕営ですが、重要ゆえに位置もしっかり考える必要があります。

理想としては、幕営を押した時に反応範囲の円が現れます。

これをなるべく相手に利用され難い様に中心に配置する事です。

逆に攻撃する場合は援軍を釣りだして安全な隅で倒してから、中心に攻めていく慎重さが必要です。

また、幕営は主城の次に体力の高い施設です。

よく攻められる方角があれば、主城の前に置くことで主城が攻撃にさらされるのを少しの間防いだりできます。

ギリギリの攻防なら守りきる事も出来るでしょう。

 

おすすめ配置一覧

三国天武で城を攻略

出典:三国天武にしやがれ

主な建造物についておすすめの配置を紹介していきます。

 

主城

主城は基本的に、最初から真ん中にあるのがよいです。

角や隅の方に主城を置いて壁で囲うのはやめましょう。

たとえ防衛施設を周りにおいたとしても、すぐに崩されてしまうと思います。

各主城レベルについてはこちら

>>> 三国天武の配置を極める

 

旌旗

武将を配置させる旌旗は、城の周りを囲うように全体の内側に置く方がよいと考えられます。

例えば、城の4つ角に置くなどです。

逆に4本並べて配置するのはやめましょう。

すぐにやられてしまいます。

 

同盟軍幕営

先に述べたように、幕営は配置する上で重要な施設です。

そのため、とにかく援軍処理のしづらい位置に置くことを考えます。

そう考えると、城の隣や前に置くのがよいでしょう。

見落としがちですが、耐久値がかなり高いので城の隣や前に置いておくと、城を攻撃されるのを少しの間防ぐ事も出来ます。

 

煉獄塔

煉獄塔は防衛施設の中でも最強なので、城の近くが配置がおすすめです。

三国天武の配置 武将対策の煉獄について

 

方士塔

方士塔はレベルが低い時は攻撃が弱いです。

しかし、レベルが上がってくると射撃塔と攻撃力はあまり変わらないうえ、射撃塔よりも耐久値が高くなります。

そのため、レベルが上がってきたら射撃塔よりも内側へ配置した方がよいです。

位置としては、城の近くをおすすめします。

⇒ 三国天武 攻略の兵種は?(兵舎レベル7・9・10方士・虎豹騎・勇士)

 

その他防衛施設

防衛施設は基本的に外側よりも内側に配置するのがおすすめです。

なぜなら、兵種が残ることが少なくなるからです。

それぞれの配置を考える際には、施設を押した時に反応範囲の円で狙いたい範囲をチェックしながら配置していくといいと思います。

 

爆弾・罠

爆弾と罠は中の方にあった方がひっかかりやすいと思います。

防御が強い人は外に爆弾がありません。

攻める側からすると、中にあった方がやっかいと感じるからです。

そして人形は爆弾とセットに配置するのがおすすめです。

人形につられて爆弾にひっかかったりするのでぜひやってみてください。

 

兵糧庫、金庫、宝珠倉庫

資源を守る為に中がよいです。

 

壁の使い方によって、その人の技量を見定めることができます。

それほど壁は重要なのです。

壁は外でなく、中にしっかりあったほうが攻めづらいです。

そして全て塞いでしまうのではなく穴をあけて配置することをおすすめします。

敵を誘導することもできるうえ、罠もセットしやすいです。

そして孔明対策として、通り道を作っておきましょう。

孔明がぐるっと回ってしまうとその間に煉獄塔まで壊されてしまいます。

 

その他の建設系、軍隊系の施設

これらに関しては外側でもよいでしょう。

 

まとめ

三国天武で城を攻略

出典:YouTube

三国天武攻略において城の配置、城の防御について考えていくことはとても大切です。

また、三国天武では城を攻略をすることが一番の醍醐味です。

覚えることや考えることが多く、最初はついていけないかもしれません。

しかし、少しずつでも確実に覚えていけば、ゲームをより有利に進めることができます。

自分には無理だ、ついていけない。

とは思わずに、可能な範囲で試行錯誤を続けましょう。

いつか必ず報われる時が来ます。

その他、城の配置や考え方についてはこちらの記事を参考にしていってください!

 

 

関連記事はこちら

>>三国天武で元宝を無料でゲットする方法<<

Pocket