【三国天武】配置レベル5!知っておくべき4つの『型』

【三国天武】配置レベル5!知っておくべき4つの『型』
Pocket

三国天武の配置についてお届けしています。

今回は配置レベル5です。

三国天武ではレベルに合わせて配置を極めることは、ゲーム攻略においてとても重要となります。

今回は三国天武の配置について、主城レベル5になったときに解放されるシステムとオススメ配置情報も交えてご紹介していきます。

>>三国天武で元宝を無料でゲットする方法<<

◇知っておきたい!三国天武 配置4つの『型』

【三国天武】主城レベル5を徹底攻略!

出典:http://sangokutenbu.blogspot.jp/2016/01/03.html

三国天武は戦略を競うゲームでもありますよね!

戦略で勝つためにはある程度の『型』を知っておく必要がありますし、実際に試してみることも必要になってくるかと思います。

実践こそ最強の戦略といっても過言ではありません。

主な4つのパターンをご紹介していきますが、この型をあなたのパーティーに合わせて最強の配置にしていってください!

 

~大規模外周防御型~

【三国天武】主城レベル5を徹底攻略!

出典:https://www.dopr.net/sangokutenbu-mushi/%E9%85%8D%E7%BD%AE%E3%83%91%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3

外周をぐるっと一周囲い、残った壁で内部の陣形を整えます。現在では最もポピュラーな陣形です。

 

【利点】

『一般兵主体の略奪に強い』という型になります。

弓矢兵で包囲するようにして出撃させ、50%破壊を主目的とした略奪方法があります。

このように一周囲っておくと、どこから来た兵士も足止めできるので、簡単に略奪されるのを防ぐことができます。

攻撃側が先発隊に壁を破壊させ、その後から主力が陣地に入ってくる形になりますが、外周の壁が固くなるほど、その入り口以外の突破口を開くことが難しくなり、援軍の到着を遅らせることができます。

部隊を幾つかに分けても、兵士の行動パターンの関係上、壁に沿って最初の入り口に移動するケースが多いので、敵側に思うような動きをさせない働きがあります。

外周に壁の3分の2程度を使用するため、内部の作りを簡単にすることができます。

ただ、例え内部の作りが簡単になったとしても、煉獄塔の射程に沿って内壁を構成するといったような戦略を立てれば十分効果が発揮されるので、陣形作成に掛ける時間を大幅に短縮できます。

 

【欠点】

外壁があまりにも弱い状態だと、一般兵を足止めできずにすぐ突破されてしまいます。

簡単に突破される状態ですと、単純に壁を無駄遣いしている状況になってしまうため、防御力が低下してしまいます。

内壁が薄くなるので『偃師月英』など壁破壊が得意な武将相手だと、誘導路が全く機能しなくなる場合があります。

トラップをメインに使用する場合は、ある程度ユニットの射程や行動パターンを研究して内壁を配置する必要があります。

また、防御施設の連携が取りづらく、内壁は出陣可能ポイントを潰す必要が有るため、施設をまんべんなく配置する必要があります。

必然的に防御施設同士の距離が開く傾向があるので、ある程度はまとめる必要があります。

 

~大規模トラップ誘導型~

【三国天武】主城レベル5を徹底攻略!

出典:https://www.dopr.net/sangokutenbu-mushi/%E9%85%8D%E7%BD%AE%E3%83%91%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3

外周を含めて陣地に見立て、各セクションごとの接続部分にトラップを配置する陣形です。

 

【利点】

こちらも『大規模外周防御型』と同様、一般兵を主体とした略奪に強くなっています。

外壁を突破された場合でも、順に建物を壊して移動するので、セクションごとのトラップ誘導路に簡単に入ってくれます。

現在はこの型が主流になっており、悪く言えば自由が効かないのですが、良く言えばまるまるコピーでもある程度効果が出る、ということになります。

変更を入れる場合は、外周を狭めて余った壁をセクションや内壁の形の変更に利用します。

内壁に『同盟軍幕営』『宝珠倉庫』を入れていますが、それすらも外に出す形も見受けられます。

>>元宝タダでもろてるけど質問ある?

武将同士が連携して主城を守る形になるので、主城の防御力はかなり高まります。

 

【欠点】

主流になっているだけに対策も立てられやすくなります。

『群雄争覇』『攻城掠地』などはランダムに遭遇するので予め対策するのは難しいですが、『軍団戦』などは対戦相手の陣形を予め見ることができるので、多用するのは控えたほうがいいかもしれません。

『大規模外周防御型』は防御施設の連携が取りづらい形でしたが、こちらはトラップを仕掛けるセクションが離れているため、トラップの連携もバラけやすい形となっています。

格上が力で押し切って来る場合はこの戦力の分散が痛く、耐えられない場合も多く見られます。

 

~主要建物完全防御型~

【三国天武】主城レベル5を徹底攻略!

出典:https://www.dopr.net/sangokutenbu-mushi/%E9%85%8D%E7%BD%AE%E3%83%91%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3

主要な建物を全壁と武将を持ってガードする陣形です。

 

【利点】

主要な建物の防衛には最適で実力が拮抗している場合なら、守る建物を明確にすることでその建物を完璧に守ることができます。

攻めてくるユニットは次の標的が遠すぎる場合、壁を破らずに遠回りする傾向があるので、敵兵のルートを決定しやすくなります。

壁を分厚くすることで、敵兵のルートを操作しやすく、トラップにはめやすくなります。

 

【欠点】

陣形の性質上、簡単に50%破壊できますので、戦略として完勝は捨てることになります。

必然的に重層壁の中には「煉獄塔」や「五雷方陣」など強力な防御施設を入れることになりますが、どちらも「潜行」属性を検知することはできません。

周囲を制圧された後に「遁甲兵」を主体に来られると、為す術がなくなってしまう場合がありますので、「方士塔」の導入なども検討しましょう。

 

~トラップ誘導型~

【三国天武】主城レベル5を徹底攻略!

出典:https://www.dopr.net/sangokutenbu-mushi/%E9%85%8D%E7%BD%AE%E3%83%91%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3

中規模で迷路のような形を作り、能率的にユニットをトラップにはめる陣形です。

様々な形があり、最もバリエーション豊かな陣形となっています。

 

【利点】

主要な目的は『一般兵をトラップにはめ、混乱している時に敵武将を討ち取る』というものですが、そのプロセスは人によって様々ですので自由度が高い型になります。

変わった形を作ることで攻撃側の思考を乱すこともできます。

陣形の場所によって施設に求められる強さが変わるので、まんべんなく強くする必要が薄く、資源を節約することができます。

 

【欠点】

あまりに自由度が高すぎるため、色々試してから強さがわかるのがこの型なので、時間や気力をある程度掛ける必要があります。

『偃師月英』『装甲衝車』が相手になる場合、誘導路が拡幅されてトラップが能率的に起動しなくなる場合があります。

特に誘導路の壁は強化しておいたほうが無難です。

 

~各型のまとめ・一覧~

どんな対戦モードでも安定するのはやはり『大規模外周防御型』です。

ただ、将来的に「世界王者争覇戦」を目指す場合は、「トラップ誘導型」を独自に発展させる必要があるので、日々研究を続けましょう。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

◇配置レベル5でできる3つのこと

【三国天武】主城レベル5を徹底攻略!

出典:http://sangokutenbu.blogspot.jp/2015/05/blog-post_69.html

1:旌旗からの配置

①主城レベルが5になると武将は施設の「旌旗(せいき)」から配置することができます。

1つの旌旗に対し、1武将で最大で4人までとなります。

『出陣』に配置すれば攻撃時に、『駐屯』に配置すれば防御時に、それぞれの戦闘で武将を使用することができるようになります。

出陣は、他都市攻城時に利用します。

駐屯は、相手から攻められた時に自都市を守ってくれるようになります。

新たに旌旗が増えたときなどは『駐屯』にも武将を配置し、敵からの攻撃に備えてください。

 

2:他の旌旗配置へ移動できる

②武将配置画面の左右の端にある矢印でほかの旌旗の配置画面へ移動できます。

  • 武将合成
  • 武将覚醒
  • 武将転生

などをする場合は、旌旗で『出陣・駐屯』それぞれから武将を外す必要がありますのでご注意ください。

 

3:駐屯への配置が可能に

③主城レベル5で最大の4つ目の旌旗が開放され「駐屯」にも武将を配置できるようになります。

それまでは「出陣」に配置した武将が「駐屯」も兼任しているという事になります。

「出陣」で負傷した武将が治療中の間「駐屯」に同じ武将が配置されていたとしても、問題なく防御時に出陣することができるのです(^o^)

駐屯は防衛用ですので防衛にも、武将4体を置くことをおすすめします!

 

~主城レベル5 資源一覧~

主城レベル5で得られる資源の一覧は以下のようになります。

  • 最大容量→ 1500
  • 耐久値 → 2300
  • 強化(金銭)→ 220,000
  • 強化時間  → 12時間
  • 兵糧寄贈  → 120,000
  • マッチング → 250金銭(攻城掠地のマッチング費用です)

 

~主城レベル5 建築可能になる施設~

主城レベル5で開放されるものの一覧は以下のようになります。

  • 演武場、射撃塔、爆弾x2、
  • 流星弩、旌旗、方士塔、100壁目、汚泥x2

 

~主城レベル5 その他~

最後の旌旗・武将駐屯機能、報酬が宝砂の毎日任務、瑠璃塔Lv2で宝物装備

 

◇主城レベル5のまとめ

【三国天武】主城レベル5を徹底攻略!

出典:i1os.com

主城を無理にレベルアップすると、配置できるようになる施設の強化が追い付かなくなるので、徐々にレベルを上げていきましょう。

本サイトを参考にしていただき、主城5時点でできる配置パターンを試行錯誤して防衛強化に努めてください!

 

三国天武ではこうした武将の強化や入手、

配置を極めることはとても難しいですがめちゃくちゃ楽しいですよね。

そんな中、ゲームを極めようと思うと『課金』の2文字があなたの頭をよぎります。

三国天武は無課金で攻略を目指す人にとって

親切な部分の多い仕様のあるゲームになっています。

ですが、レアな武将を無課金でゲットしたりゲームを思い通りに進めて行くには

やはり難易度が高く、結局課金をしてしまった、という方は多いのではないでしょう。

私は無課金で攻略をしていっていますがこちらの方法を使って

課金をされている方々とほとんど変わりない頻度で元宝をゲットできています

ぜひ、試してみることをおすすめします!

>>>三国天武で元宝を無料でゲットする方法

ちなみに、こちらの方法を手にしなければ

あなたは確実に『課金』への道をたどることになります。

私の通告を無視した知人は、

今となってはで廃課金者となり借金までしてしまっている始末。

早くこちらの世界へ戻ってきてほしいですが手遅れのようでした・・・

あなたはそうならないでくださいね。

>>>あなたが廃課金者にならない全く新しい方法

 

関連記事はこちら

>>三国天武で元宝を無料でゲットする方法<<

Pocket